読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牡蠣ムース。

日本酒のおつまみ ビールのおつまみ 白ワインのおつまみ

f:id:moon_moon_bar:20161112231817j:plain

ずっとずっと作りたいと思っていたものを作りました。

 

レバームースが大好きで、よく作るのですが、レバーを「牡蠣」にしても絶対にウマイはず。

 

【材料】

牡蠣 100g

生クリーム 100g

卵 1/2個

塩 小さじ1/2

コショウ 小さじ1/2

 

f:id:moon_moon_bar:20161103221753j:plain

牡蠣は片栗粉と塩で洗い汚れをきれいに落とします。

 

f:id:moon_moon_bar:20161112232026j:plain

後は全部をブレンダーやミキサーで撹拌し、濾して滑らかな液状に。

 

これを型に入れて150度のオーブンで40~50分焼きます。(オーブンプレートにお湯を注ぎ湯煎状態にします。そして、上にアルミホイルをかぶせ焦げを防ぎます。)

 

かなり緩いかたまり方ですが、冷やすとしっかり固まります。

f:id:moon_moon_bar:20161112232253j:plain

薄緑のキレイなムースが出来上がりました。このままクラッカーにつけて。

 

上品な珍味です。牡蠣の生臭みはしっかりと封印され、生クリームに包まれた旨味と口どけにちょっと感動。いやはや自画自賛。

 

※この写真は材料の半分の量になります。

 

 

普段レバームースを作っている配合でレバーを牡蠣にしただけなのですが、最初からなかなか上手くいきました。

 

ここで、このムースを使ってもう一展開。

 

f:id:moon_moon_bar:20161112232642j:plain

三種のワンスプーンのアミューズ風に。

 

f:id:moon_moon_bar:20161112232713j:plain

一つ目は柚子の果汁と皮、あさつきとピンクペッパー。

 

爽やかになるかという予想を裏切り、これが一番「牡蠣」を感じる味でした。

 

f:id:moon_moon_bar:20161112232818j:plain

こちらはセミドライトマトのオイル漬け。

 

これも合いますね。トマトの酸味と牡蠣の旨味、お互いのいいところを引き出すような味わいに。

 

セミドライトマトの作り方はこちらを御覧ください。もちろん市販のものでも。

 

moon-moon-bar.hatenablog.com

f:id:moon_moon_bar:20161112233011j:plain

そして最後は、田楽味噌です。

 

牡蠣の土手鍋をイメージしたのですが、マッチしすぎていて、牡蠣をあまり感じないくらいです。

 

※以前イタリアンのシェフに、あまりにもマッチしすぎていると逆にお互いの個性がなくなってしまうことがあるというお話しを聞いたことがあるので、まさしくそんな感じでした。

f:id:moon_moon_bar:20161112233307j:plain

牡蠣が全面にでてくるか、旨味を共鳴するか…

 

好みが分かれそうな相反するトッピングでした。基本的には牡蠣に合うものばかりですけどね。

 

f:id:moon_moon_bar:20161112233357j:plain

洋風珍味。案外簡単に出来ますので、ぜひお試しください。